先日投稿した弊社の左官小屋、またの名を「オルトレマテリア美術館」。
展示してあった畳テクスチャ見本板の製作過程をちょっとお見せいたします。


型取りに使用しているのは実際の畳です。

17102702.jpg


大胆にも畳本体をべしっと貼り付けた最初の工程だけでも前衛的な芸術作品のよう。
海外からの評価が高そうな1枚になっていますね!笑




レースの場合はすぐに剥がせるのですが畳は難易度が高いため、少し時間をおいて扱いやすくしてから剥がしました。

17102701.jpg

畳の細かい模様とランダムに入り込んだ気泡の味わいが素敵です。



完全に乾いたのち、表面に2色のカラーを塗って仕上げました。
17102406.jpg



オルトレマテリアはこのようにいくつもの複雑な工程を経て仕上げるため、扱うための知識と技術、そして仕上げにかかる時間も必要ですが、アイデア次第で本当に面白い表現ができるのでデザイナー様のセンスを思う存分に生かせる素材です。

弊社の職人さんたちも、お客様から「こういうことは可能ですか?」と相談された様々な新しいアイデアを実際に形にするため日々勉強して、試行錯誤して、素晴らしいアイデアと高い技術を未来につなげていくために頑張っています!


スポンサーサイト
2017.10.27 / Top↑
超軽量の断熱モルタル「カルモ」です。

17102502.jpg




なんと…ぷかーんと水に浮いてしまうくらい軽いモルタルです。

17102501.jpg

17102503.jpg

17102504.jpg


通気性も高く呼吸する壁として結露防止になるほか、
通常のモルタルやコンクリートの10倍の断熱性能があるそうです。

軽くても強度があり、さらに不燃なので、壁だけでなく屋根などにも使えそうですね。
塗るときの伸びやキレもよく作業性にも優れているそうです。
 


このようにいろんな使い方のアイデアがわいてくる面白い素材、
これからもどんどん導入していけたらと思います!

2017.10.25 / Top↑
オルトレマテリア美術館


本日の中野組の左官小屋。
ありがたいことにオルトレマテリアのサンプル以来が相次ぎ、まるで美術館のようになっています。


17102403.jpg

17102401.jpg

17102404.jpg

17102405.jpg

17102406.jpg



塗り壁を施工するためのサンプルですが、このまま飾ってもいいくらいの仕上がりですね。
レース模様の枠で飾られたアンティーク調の鏡もいい感じです!


17102402.jpg


2017.10.24 / Top↑
各地に被害をもたらした大きな台風が過ぎ去り、ようやく太陽が顔を見せてくれた京都です。


敷地内の左官小屋では職人さんたちが新しいサンプルを施工中。
今回はどうやら、青い空とそびえ立つ山の色鮮やかな版築を作ろうとしているようです。


版築はただ塗ればいいというものではありません。
材料配合の細かい知識やそれに伴う高い技術を必要とします。



配合方法や塗り方など先輩にいろいろ質問してアドバイスをもらい、沢山メモを取っている熱心な女性職人さん。
中野組の職人さんたちはお互いに教えあって知識と技術を共有するのが得意なので、若い職人さんでも熱意を持って頑張れば、頑張った分だけ高い技術を身につけられます。

17102301.jpg


こうして職人さんたちが作業の合間に努力して学んで、何度も必死に塗って練習して知識と技術を高めていった結果、今日も各地で美しい塗り壁が生まれているのです。

2017.10.23 / Top↑
本日、最高気温16℃の肌寒い京都。
中野組事務所の薪ストーブに今年も火が入りました。

弊社グループ店「ファイヤーライフ京都」の社員さんが今期初点火してくださいました。
今シーズンも安全に、暖かく使えそうです。


17101901.jpg

17101902.jpg



午後の事務所はぽかぽかと心地よい温度で…気をぬくと眠くなってしまいそうな…笑、とっても快適な空間になりました。薪ストーブさまさまです!


弊社にお立ち寄りの際はぜひストーブの前で温まり、揺らめく焔に癒されてください。
設置してみたいけど使い心地はどうなんだろう?とお考えの方がいらしたらお気軽にご相談くださいね。弊社には薪ストーブのプロがいますので、使い方、安全対策、設置にかかる費用までなんでもお答えいたします。

一気に気温が低くなって体調を崩しやすい季節だとは思いますが、どうか皆様も暖かくして風邪などひかないようにしてくださいね。

2017.10.19 / Top↑
昨日はタイからお客様がご見学にいらっしゃいました。
 

日本の商社やビジネスについて学んでいらっしゃる若い女性。
英語、中国語、日本語を流暢に話す頭の回転の早い方ですが、左官は初めてのことでしたのでオルトレマテリアの試し塗りをして頂きました。

17101802.jpg

17101801.jpg


初の左官作業は「難しかったです」とのことですが、綺麗に塗りあげてくださいました。
左官の楽しさや人の手で作り出したものの味わい深さが伝わったかなと思います。

タイに戻った時に日本で経験された色々なことが、ご本人やまわりの方々の新たなアイデアやチャンスにつながっていくといいですね。
 


今年は何度か海外にも行かせて頂いたり、海外からのお問い合わせを頂いたり、国際色豊かになってきている中野組。
私たちもいつか海外支店を作る夢を抱いて…、いろんなご縁を大事にして、これからもさまざまな事にチャレンジしていきたいと思っています!
2017.10.18 / Top↑
ドイツ本漆喰「プラネットウォール」。
鉱物顔料や天然素材を混ぜ込むことで、様々なテクスチャを表現でき多彩なアレンジが楽しめる材料です。




こちらののバーミキュライト入りサンプルは
ドイツからいらした本場の職人さんによる独創性に富んだ表現です。

17101702.jpg

17101701.jpg

17101703.jpg


無造作でインダストリアルな雰囲気を持ちながらも、
角度によっては混ぜ込まれた蛭石が光を反射し、また違う表情をみせてくれるかっこいいサンプルです。


株式会社中野組で施工できます!
興味をお持ちの方はぜひ一度お問い合わせください。
2017.10.17 / Top↑
17101304.jpg


10月11日から本日13日まで大阪ATCホールで開催中のLIVING & DESIGN 2017。
住まいとデザインの最先端を発見でき、アイデアとビジネスチャンスを生み出すこの場に、弊社もOLTREMATERIAで参加しています(コバヤシ産業様ありがとうございます)。


17101302.jpg

17101303.jpg




弊社で施工したサンプルも多数展示してありますので、
お近くの方はぜひお立ち寄りください。
http://www.living-and-design.com

17101301.jpg

2017.10.13 / Top↑
先週、弊社社長はこれからの様々な可能性を探って、岡山県倉敷市のとある会社へ。

17101101.jpg


訪れたのは天板などを作っている木製品製造の会社。
さまざまな形に加工できる技術を持っていらっしゃるため、オルトレマテリアとコラボレーションすると面白そうだということです。


サンプル写真は早速作ってみたテーブルの天板です。
壁の施工はもちろんですが、さまざまな表現が可能なオルトレマテリアはおしゃれな家具との相性も非常によいので、これからもどんどん施工していきたいと思います!

17101102.jpg

17101103.jpg

17101104.jpg


2017.10.11 / Top↑
京都府京丹後市の峰山町。

京都市内からはちょっと離れた海に近いこの街へ、現在中野組の職人さんたちの一部が遠征に行っています。






弊社では遠い現場でのお仕事を頼まれることがたまにあります。
そんなとき職人さんたちは寝具や調理器具などの「お泊まりセット」を持参し、お部屋を借りて何日間も泊まり込みで頑張ってお仕事をしています。

17101003.jpg

17101002.jpg



お休みの日、海が近いので職人さんたちは釣りに行ってお夕飯を調達したようでした。

17101004.jpg

17101005.jpg

17101001.jpg


大量に釣れた小アジ。手先が器用な左官職人さん、お料理の手さばきもなかなかですね!
2017.10.10 / Top↑