先日の現場からもご紹介したアイカ工業株式会社様の新商品、
CLIMATERIAシリーズの「モルタルアート」。
モルタルのような無骨な質感と素材感を楽しめます。

18062802.jpg


セメントを使用しないでモルタル調の仕上げを実現しているため、
炭酸カルシウムが表面に在留する「白華現象」も発生しない
デザイン性に優れた素材です。

18062801.jpg


写真の見本板は中野組オリジナル仕上げでつくりました。
アルミやパールで加工して独特の光沢を出しています。

スポンサーサイト
2018.06.28 / Top↑
昨日午前7時58分ころ、大阪府北部を震源とする強い地震がありました。
皆様、ご無事でしょうか。
 
弊社では目立った被害はありませんでしたが
特に大阪の高槻や枚方にて大きな被害が出ており、京都や滋賀でも強い揺れを観測しました。
被災された方々にお見舞いを申し上げ、1日も早い復興を祈念いたします。
余震や雨に十分注意し、危険な場所に立ち入らないなど身の安全を図るよう心がけてくださいね。
 
 

話題が変わりますが、写真は土曜日に行われたミーティングの様子です。
中野組では施工のためにその作業が必要な理由や原理をミーティングでわかりやすく説明し、
全員で共有していくことになりました。

18061903.jpg

18061902.jpg

18061901.jpg

モルタルを詰める場合ひとつにしても、
ただ「この作業をすれば良い」となんとなく流しただけではその後ゆがみが出たりするので、
材料の特性や原理を理解したうえで手作業で調節していくなど
知識や経験がないとわからないことがたくさんあるからです。


昔ながらの「先輩の技術を見て覚える」のも大事ではありますが
ずっとそれを待っていると技術の習得には大変な時間がかかります。


見よう見まねで仕事をしていると失敗することも多いです。
しかし先輩が得ている経験や知識、コツをしっかり共有してもらえれば、
若手はずっと早い段階から実務に関わることができどんどん経験を積んでいけますし、
原理がわかってうまく仕上げられると仕事もより楽しくなります。

会社全体が丁寧な高い技術で仕事をしていくためには、
先輩の知恵を秘密にしておく必要はありません。


今回のような地震が発生してもびくともしない安全なお家を建てるため…
新人を含む職人さんひとりひとりが仕事の内容と作業の意味を十分に理解し
意識高く仕事に向き合っていけるよう
これからも会社としてしっかりサポートしていきたいと思います。

2018.06.19 / Top↑
前回と同じモルタルアートの現場です。
 
18061401.jpg

18061402.jpg

18061403.jpg


現場まわりに来てカメラを向ける社長に、満面の笑顔を見せる若い左官職人さんたち。
中野組のポリシーのひとつに、

「仕事は苦しいだけのものであってはならない、やりがいのある楽しい仕事ができていればプライベートも楽しむ心の余裕が生まれ、毎日が充実してくるはず」

というものがあります。


特にこのお仕事は取り組んで来たことへの結果や完成への道のりがはっきり目に見えるうえ、
達成感を得られるお仕事です。

先輩職人さんの技術を見て「自分はもっともっと練習が必要だ」、
うまく仕上げられれば「嬉しい!」と、お仕事に向き合う中で自然と向上心も湧き上がってきます。
 

左官の未来のためにも、
世代問わず職人さんたちが左官という素晴らしいお仕事を心から楽しんで、
イキイキと働いていける環境をこれからも広げていきたいと思います。

2018.06.14 / Top↑
アイカ工業様の新ブランド、クライマテリアシリーズの「モルタルアート」施工現場です。

18061301.jpg


180613013.jpg

180613014.jpg

180613015.jpg


階段の壁部分は下塗り段階でその上から質感のあるカラーで仕上げています。
このシリーズは全16色あるそうです。素材感と高級感でとても雰囲気のある現場に仕上がっていきそうです。


最近様々な会社から出ている新しい材料を扱わせていただく機会が多いのですが、どれもそれぞれに美しく特色があり、施工していてとても楽しいですね。

2018.06.13 / Top↑
社長は現在、見積もりのため岡山に行っています。


18060801.jpg

18060802.jpg

18060803.jpg



本当にありがたいことにイタリア発の左官材料OLTREMATERIA(オルトレマテリア)の人気がうなぎ登りで、関西にとどまらず全国各地からお見積もりや施工の依頼がたてこんでいます。
社長もこうして毎日あちこち忙しく飛び回っています。
 
 
昨年から今年にかけて若い職人さんを増員したり、オルトレマテリアの普及や施工にも強く力を注いで現在7名の職人さんがライセンスを取得している中野組ですが、おかげさまで大きな現場のご依頼も複数頂いており今後もさらに忙しくなっていきそうです。
 
 
この時代に、多くの最先端の現場に「左官の魅力」を改めて見出して頂けたこと、数多くの職人さんが携われて思う存分実力を発揮できることは左官の未来にとって大きな希望です。
 
左官仕上げの美しさ、素晴らしさをより多くの人に知っていただき、弊社だけでなく業界全体を盛り上げられるようにこれからも頑張っていきたいと思います。
2018.06.08 / Top↑
「憧れの先輩が通ったので教室の窓に駆け寄っていっせいに見つめる女子中学生"風"」
…の事務所女子たちです。笑

珍しく左官職人さんたちが弊社の敷地内でセメントを練っていたので、
気になってちょっと見学させてもらいました。


18060601.jpg

18060602.jpg



事務所メンバーは職人さんたちがスムーズに思う存分活躍するための裏方として
大量の事務、雑務を毎日一生懸命こなしています。
夕方には疲れて帰ってくるみんなのためにドリンクやお菓子も準備しています。


だけどずっと事務所でお仕事をしているので
同じ会社にいても職人さんたちが働いているところはなかなか見られないのです。


普段は事務所に帰ってきてお菓子を散らかしながら食べて冗談を言っている職人さんの姿しか見られないのですが…
やはり真剣に働いている姿を見ると、職人さんたちは本当にかっこいいです。


これからも事務所女子一同(5人しかいませんが笑)、
プロの裏方として、職人さんたちを目一杯サポートさせていただきたいと思います!!

2018.06.06 / Top↑
先週末、中野組と弊社系列の株式会社ニューハウスの合同ミーティングが行われました。


18060401.jpg

18060402.jpg



中野組・ニューハウスともお陰様で忙しくさせていただいているため、昨年から今年にかけて若い力を中心にスタッフ増員いたしました。
こうして一同に会してみるとあらためてその数にびっくりしますし、老若男女見事に入り混じりバラエティに富んだ顔ぶれが面白いです。


18060403.jpg



年齢問わず意見やアイデアがあれば誰もが言える環境、問題が発生したときにはひとりに責任を押し付けることなく皆で率先してフォローしあえる環境であれば、失敗を恐れてビクビクすることなく安心してやりたい仕事にチャレンジできます。

これからも中野組・ニューハウスはチームワークを大事にして、社員ひとりひとりが充実した仕事と心にゆとりのあるプライベートを楽しめるようみんなで頑張っていきたいです♪
2018.06.04 / Top↑