先週のこと。
東京の原田左官工業所様の職人さんが4名お仕事で京都にいらしているとのことでしたので、
声をおかけしたところ弊社の事務所に遊びに来てくださいました。
交流会も開催され、年代も近い職人さんたちでわいわい楽しく親睦を深め合えたようです。

18070402.jpg

18070401.jpg



左官の世界はひとつの会社の頑張りだけでは成り立ちません。
大きな現場では応援に行ったり応援に来ていただいたり、
至るところでお互いに助け合いながら
たくさんの会社、たくさんの職人さんたちの活躍によって業界は支えられています。

これからもこのような横のつながりを大事にして
左官の未来のために皆で力を合わせて頑張っていきたいと思います。

18070403.jpg

原田左官工業所の職人の皆様、楽しい時間をありがとうございました♪

2018.07.05 / Top↑
特殊な形状の天井を
OLTREMATERIA(オルトレマテリア)で塗り仕上げる職人さん。

18070101.jpg



意外と気づかれていない方も多いのですが、
天井も左官の技で塗り仕上げることができます。
見ているだけでも首と腕が痛くなりそうですが…さすがの技術です。

18070102.jpg




オルトレマテリアらしい高級感あふれる光沢を持った美しい天井に仕上がりました。

18070103.jpg

2018.07.02 / Top↑
先日の現場からもご紹介したアイカ工業株式会社様の新商品、
CLIMATERIAシリーズの「モルタルアート」。
モルタルのような無骨な質感と素材感を楽しめます。

18062802.jpg


セメントを使用しないでモルタル調の仕上げを実現しているため、
炭酸カルシウムが表面に在留する「白華現象」も発生しない
デザイン性に優れた素材です。

18062801.jpg


写真の見本板は中野組オリジナル仕上げでつくりました。
アルミやパールで加工して独特の光沢を出しています。

2018.06.28 / Top↑
昨日午前7時58分ころ、大阪府北部を震源とする強い地震がありました。
皆様、ご無事でしょうか。
 
弊社では目立った被害はありませんでしたが
特に大阪の高槻や枚方にて大きな被害が出ており、京都や滋賀でも強い揺れを観測しました。
被災された方々にお見舞いを申し上げ、1日も早い復興を祈念いたします。
余震や雨に十分注意し、危険な場所に立ち入らないなど身の安全を図るよう心がけてくださいね。
 
 

話題が変わりますが、写真は土曜日に行われたミーティングの様子です。
中野組では施工のためにその作業が必要な理由や原理をミーティングでわかりやすく説明し、
全員で共有していくことになりました。

18061903.jpg

18061902.jpg

18061901.jpg

モルタルを詰める場合ひとつにしても、
ただ「この作業をすれば良い」となんとなく流しただけではその後ゆがみが出たりするので、
材料の特性や原理を理解したうえで手作業で調節していくなど
知識や経験がないとわからないことがたくさんあるからです。


昔ながらの「先輩の技術を見て覚える」のも大事ではありますが
ずっとそれを待っていると技術の習得には大変な時間がかかります。


見よう見まねで仕事をしていると失敗することも多いです。
しかし先輩が得ている経験や知識、コツをしっかり共有してもらえれば、
若手はずっと早い段階から実務に関わることができどんどん経験を積んでいけますし、
原理がわかってうまく仕上げられると仕事もより楽しくなります。

会社全体が丁寧な高い技術で仕事をしていくためには、
先輩の知恵を秘密にしておく必要はありません。


今回のような地震が発生してもびくともしない安全なお家を建てるため…
新人を含む職人さんひとりひとりが仕事の内容と作業の意味を十分に理解し
意識高く仕事に向き合っていけるよう
これからも会社としてしっかりサポートしていきたいと思います。

2018.06.19 / Top↑
前回と同じモルタルアートの現場です。
 
18061401.jpg

18061402.jpg

18061403.jpg


現場まわりに来てカメラを向ける社長に、満面の笑顔を見せる若い左官職人さんたち。
中野組のポリシーのひとつに、

「仕事は苦しいだけのものであってはならない、やりがいのある楽しい仕事ができていればプライベートも楽しむ心の余裕が生まれ、毎日が充実してくるはず」

というものがあります。


特にこのお仕事は取り組んで来たことへの結果や完成への道のりがはっきり目に見えるうえ、
達成感を得られるお仕事です。

先輩職人さんの技術を見て「自分はもっともっと練習が必要だ」、
うまく仕上げられれば「嬉しい!」と、お仕事に向き合う中で自然と向上心も湧き上がってきます。
 

左官の未来のためにも、
世代問わず職人さんたちが左官という素晴らしいお仕事を心から楽しんで、
イキイキと働いていける環境をこれからも広げていきたいと思います。

2018.06.14 / Top↑