• 梅の枝を生けました
    「琵琶湖のほとりの家」のエントランスです。梅の枝は京都府城陽市の青谷梅工房さんのもの。美しい鱗刻花器は陶芸作家の高木己樹恵先生の作品です。存在感のある一枚ものの椎の板を使ったベンチ、わざと白華している質感を出したスレートタイルの壁の組み合わせは和洋どちらのアレンジにも合い、今回のような洗練された和の雰囲気はもちろん北欧風のクリスリスツリーを置いたりしてみても素敵そうですね。※琵琶湖のほとりの家は以...
  • MORTEXテスト施工
    弊社休憩室。職人さんたちが広い面を塗り使用器具によるMORTEXの仕上がりの差のテストをしているようです。小さい鏝を使ったり、巨大な鏝を使ったり…広い場所でテストを施工したいのですがそうそう都合いい場所はないので今回は休憩室の床を使って豪快にテストしています。さまざまな条件のもとで施工し「通常施工ならこうだけど、こうすればさらにこういう雰囲気に近づく」ということを知っておけばお客様のご要望により細かく対...
  • 墨入りモルタル
    ある日の左官倉庫。職人さんが作っているのは墨入りのモルタルカラー見本です。使用する墨の種類によってかなり仕上がりのカラーが変わってきます。濃い方は左官墨、薄い方は江戸墨を同じ量加えて作ったものです。塗っている最中は濃いように見えても乾くと思ったより薄めに仕上がるのでそういったことも考慮に入れて施工する必要があり墨の種類や分量で濃さをしっかり調節して乾いて完成した時にお客様のご希望のカラーに仕上がる...
  • 1週間前の天体ショー
    ちょっと前の話…今から1週間前のことです!お仕事を終え、事務所で日報を書き終えた職人さんたちが「さあ帰ろう」とぞろぞろ外へ出ると…ちょうど近隣住宅の屋根から顔を出したお月様。なんとそれは「ほぼ皆既月食」のタイミングだったのです。今回の月食は継続時間も長かったため楽しまれた方も多かったのではないでしょうか。今回のようなほぼ皆既月食は140年ぶりとのこと。偶然巡り合えた天体ショーにみんな「凄い、凄い!」と大...
  • 薪ストーブ稼働!!
    急激に寒くなった京都です。あまりの寒さに昨日から薪ストーブ稼働しました!弊社グループ「UOVO」の薪ストーブ部門のプロフェッショナルに早めにメンテナンスしておいてもらったおかげで気持ちよく使えています。空気を温める暖房とは違い、太陽のように輻射熱で温めてくれますので身体の芯からあったまるのが本当にありがたいです…。今年の冬はラニーニャの影響で西日本では平年よりも平均気温が低い、厳しい冬となりそうですが...

プロフィール

株式会社 中野組

京都で建築業を営んでいます。
3代(約100年)続く伝統を受け継ぎながらも、最先端の良い材料や技術はいち早く取り入れ、伝統とフレッシュな感性を融合させて素晴らしい技術を未来へ繋げていきたいと考えています。

株式会社中野組ホームページ

各SNSもご参照ください
Twitter_Social_Icon_Rounded_Square_Color.jpg